シークラ fishing blog

ソルトルアーフィッシングをひらめきで楽しく

トンジギでいい日に当たったの巻き

こんにちはシークラです。

 

4月頭にトンジギに行ったのにまとめられていませんでした。もう、既に1ヶ月以上経ちましたが。。。

 

 

懲りずにいつものメンバーで伊勢志摩へトンジギへ行ってきました!

乗船は8人。天気は良好。風も波も無しの穏やかな海へ出発しました。

 

 

 

【船中ファーストヒット】

朝イチの一流し目から僕にヒット!

わけもわからずフォールで喰ってたので

「喰った〜!」と叫んで「水深100M!」って言ったけど、本当は何mか見てなかった初心者を許してください(笑)

f:id:SeaCrown:20220515212441j:image

そして、僕のレンジ指示ミスか、その後は続かず。。。(すみません)

 

【ポイント移動し苦戦の中】

朝イチから幸先良いと思われましたが、僕の1匹だけで沈黙が続いていました。

恐らく仲間の船から連絡があったのか大きくポイント移動することに。

30分ほど走らせたところで再び流し始めます。

前のポイントより沖のためか潮が結構飛んでおり、300gでは心もとなかったので400gへ変更することにしました。

ジグを変更している間に、船中で連発ヒット!

ジグを付け替える手にも焦りが出ます。

付け替えて僕も投入し直し、指示ダナへ落とします。

何故か指示ダナよりもかなり上でジグが止まりヒット!!

「めっちゃデカい!!!」

ファーストランが凄まじくて直感しました。

これはトンボでは無い!。。。と。

10分くらい格闘していたような気がするのですが、残り15mくらいでリーダーからラインブレイクしてしまいました。。。(泣)

僕より先に船長の悔しがり方が激しくて、上手く悔しがれませんでした(申し訳ない)

船長曰く、キハダのそこそこのサイズだったのでは?と予想しています。

 

【気を取り直して船中大爆釣!】

キハダらしき魚をバラした時には、皆んな仕掛けを上げてくれてたりしていたので、

「お騒がせしましたー!」と仕切り直し、気を取り直してみんなで落とし直します。

すると!

ビンチョウマグロですが、あれよあれよのヒットの嵐!

恐らく、6人くらいほぼ同時くらいのヒットでした。

船長は船尾の方でランディング。

僕はジグを結び直しての投入で少し遅めのヒットだったため、隣の方の魚を片手にロッド、片手にタモの大谷バリの二刀流ですくいます!

そして自分の魚をセルフギャフで引き上げ、盆と正月が一緒に来たような船中同時ヒットを乗り切ります(やり切った感)

 

【その後も継続ヒットは続き】

その後も継続して同じ群れであろう個体が釣れ続けました。

僕は、トータルで5ゲットの1リリース

船中もここぞとばかりに釣りまくり、ホクホクで早上がりとなりました!

f:id:SeaCrown:20220516233339j:image

 

【まとめ】

トンジギはいい日に当たるとこれほどまでに釣れるのか!と思う一日でした。

キハダらしき魚は逃したものの6ヒット5キャッチと十分楽しむことができました。

繊細な釣りとはまた違う、バクチ感満載の釣りですが人々をトリコにするのがわかるような釣行になりました。

次は夏のキハダか!?

 

 

 

 

 

【オクマリールの世界】クロシオに触れる

こんにちはシークラです。

今日は誰得ですが、

テイルウォークのリール

『クロシオ』シリーズについて触れてみたいと思います。

 

 

 

【そもそもクロシオとは?】

釣り具メーカーのテイルウォークにこのクロシオシリーズがあります。大元は海外のオクマ社のアゾレスがモデルのようです。

KUROSHIO PGX | tailwalk

KUROSHIO HGX | tailwalk

シマノやダイワにいろいろなジギングリールがある中で、あえてこのリールを選択する理由はほとんどないかもしれません。(スフェロスやBGはもっと安価ですしね)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

tailwalk テイルウォーク KUROSHIO 43HGX / 43PGX
価格:19360円(税込、送料無料) (2022/2/23時点)

楽天で購入

 

 

ただ、

『人と被りたく無い』

 

選択する理由としては個人的にはこのワードがもっともしっくりきます。

嬉しいことにコスパが良いですし。

そして、人と被りたく無い僕は実機も見ずにこのリールを購入します↓

seacrown.hatenablog.com

 

おちゃめにグラスが硬いがデフォルトですが、分解メンテナンスに抵抗のない方はこのリールは良いと思います(分解も簡単ですし)

変化球で購入したこのリールが思いのほか良くて、僕は大きいサイズの53HGXや、おおもとのオクマ社の新製品ITX-3000も購入することになります。。。

(ITX3000もそこそこ良いのでインプレを後日書きたいですね)

 

 

【オフショアに最適なスペック】

さて、ジギングモデルのリールに戻りますと、このクロシオシリーズはコスパ最強リールとも言われています。オフショアジギングやキャスティングで必要な

・剛性

・糸巻き量

・ドラグ力

をすべてクリアしているからです。

メタルボディ、ラインローラーのベアリングやねじ込み式ハンドル、金属製ハンドルノブとツボを押さえた仕様となっています。

詳しくはhpを見てください。

 

 

【実際使えるの?どうなの?】

このリールはジギング&キャスティングでの使用を想定しているリールとしてはスペックを満たしています。

巻き重り感としては、最初こそグリス問題で重かったものの、使用感は非常にスムーズです。ハンドル含めて剛性が高く丹後ジャークで力一杯の早まきを繰り返してもブレやガタなくしっかり対応してくれます。

ドラグに関しても素人レベルではスムーズに反応してくれますし、ドラグ力はカタログ値通り高いと思われます(MAXでは使っていませんが)。

どちらのリールも海水を盛大に被ったり、それなりに酷使もしていますが動作に全く不満はありません。しかし、他社のマグシールドやXプロテクトなどの機構はありませんので、リールメンテナンスは定期的に必要かもしれません。(簡単だということもあり僕は苦ではないのですが)

1番の不安点は

◆実機が触れない

◆番手(大きさが)がわかりにくい

ではないでしょうか?

リールサイズについてはオフショアゲームに適した大きさか?と言うと

糸巻き量が

43PGXはPE 4号が350M巻ける≒8000番以上

53HGXはPE 5号が350M巻ける≒10000番以上

という点で、近海ジギングではキハダマグロやヒラマサまで十分に狙えるリールとなっています。

 

この2機種のボディサイズはと言うと、

例えば、シマノでいうと8000番(PE4号300m)も10000番(PE5号300m)もボディは共通ですが、クロシオの場合は駆動ボディのサイズが結構大きく異なります↓

(左53HGX、右43PGX)

f:id:SeaCrown:20220214223730j:image

33PGXと43PGX(HGXも同じ)が同じボディで展開

53HGXと63HGXが同じボディサイズで展開されています。

並べてみると一回りリールの大きさが異なることがわかります。もちろんハンドルの長さも異なります。

 

他社比較でいくと43PGXは気持ち他社8000番より小さいボディサイズかもしれません。

逆に53HGXは他社8000-10000番よりもボディが大きいですが(重量も100g増ほどです)、もちろん、18000番と比べれば一回り小さいボディサイズとなります。

ボディサイズだけで言うと超感覚的には

43PGX≒7500番

53HGX≒16000番

(ありえないサイズなんで感覚的に)

 

 

これを踏まえると近海ジギングでは43PGX(HGX)が使いやすいと思われます。

キャスティングも43HGXなら問題なく対応できると思いますが、僕は53HGXを購入しました。正直、丹後のヒラマササイズでは要らない大きさかもしれませんが、キハダキャスティングにも行きたいなという事で。

 

【まとめ】

安価に人と被りたくないタックルを持ちたい方にはおすすめの

「クロシオシリーズ」

個人的にはもともとテイルウォークのロッドをもっていたこともあり購入したのですが、非常に気に入っており、前述しましたが「オクマリール」の世界に迷い込みそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テイルウォーク KUROSHIO (クロシオ) 53HGX (ジギング スピニングリール)
価格:21505円(税込、送料別) (2022/2/23時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テイルウォーク(tail walk) JIGFORCE(ジグフォース) SSD S603 16773
価格:17764円(税込、送料別) (2022/2/23時点)

楽天で購入

 

【トンジギ】初トンジギで学んだいろいろ

こんにちはシークラです。

数年前より人気のトンジギへ友人と2人でついに行ってきました!

初トンジギでの初マグロを目指して入念に準備を・・・と思ったが、今あるタックルでも十分に挑めそうな雰囲気だったのでそのまま行く事に。さてマグロは釣れるのか?

 

 

【持参トンジギタックル】

・ジギングロッド4番(スピニング/ベイト)

・オシアジガー2000hg

・クロシオ43pgx

・PE 3号300M

・リーダー60lb

・ジグ300〜350g

 

【波風穏やかと思ったが】

当日は穏やか爽やかな釣り日和でした。うねりも無く、同船した方に合わせると大当たりの日(釣れればね)との事。

港から1時間ちょっとでポイントへ到着しました。さて穏やかに釣り開始!と思っていたがなぜか強風!

持っているジグで1番重たい350gを投入してもライン角度はどんどん付いていき、水面とは30°くらいになりました。狙い棚100Mを狙うのにライン200Mを出してシャクってきます。

「確かにキツイ釣りだ。。。」

 

 

【同船者の方にヒット】

ベテランの同船者の方(電動ジギング)にヒット!ライン120Mとすかさず大声を上げてくれます。思っていたより浅い棚でヒットした様子です。難なく5-6kgほどのビンチョウマグロが上がりました。

連続ヒットとはいきませんでしたが、釣り上げた同船者方が「ケイムラ良いよ!」と仰ったので自分もジグ変更しました。

ケイムラジグが300gしか無いので、リアに25号(94g)オモリを装着し落とします。

一見あり得ない感じですが、このやり方は丹後中深海でも実績あり、リアヘビーになりはしますが案外良い動きをします。

f:id:SeaCrown:20220307124100j:image

 


 

【ついにヒット!】

船長より130Mと50Mに反応ありとアナウンスあったのですが、正直260mもラインを出して回収するのがしんどくなっていたので120M出してシャくる落とすを繰り返していました。

ちょうど船長の指示ダナくらいで引き抵抗が軽くなる感覚があり、終始、素人感でも海中の潮目を感じてシャくることができたと思います。

しゃくり上げてからのフリーフォール中に、スプールがピタッとストップし

「キタ!」とばかりにフッキングします!

フッキング時に確かに感じた魚感!

よしっ!と巻き上げてくるものの、どうもあまり引かない。。。

間違いなくビンチョウなんだろうけど、ものすごく大きなエソをかけたような手応え。。。

これが?と思うくらい生命感が無かったが、船手前に魚体がくるとラストラン!

しっかりとやり取りの感触を確かめて本日1匹目(7kg)のマグロをゲットしました!

 

【それから修行へ】

朝に数匹釣り上げてからは船全体で沈黙タイムが続きました。船長曰く、潮が動き出す13時くらいまでは厳しいかもなぁとの事。

その間、船は何度も流し直したり、仲間の無線を聞いてポイントに走ったりしましたが釣果無く、最後の1流しのアナウンスがありました。

 

【ラストにドラマがある!】

ラスト流しで、反応ありそうと船長がアナウンスした数秒後、

またもやフォールが止まってヒット!

直後に友人にも同時ヒット!

2人ともジャスト100M(ライン)でヒットし、無事釣り上げることが出来ました。

しがし、個人の感覚なのでなんともいえませんが、今回釣り上げたビンチョウマグロは5kgと7kgだったためか、ブリや小マサと比べファイト中盤の引きが無い様な感じでした。

f:id:SeaCrown:20220308074412j:image

 

【まとめ】

今回は初のトンジギに行ってきました。

釣果は友人と計3匹(船中9匹)、初のトンジギにしてはとりあえず魚が取れて良かったです。

マグロへの想いが強すぎたのか、思ったより引かないビンチョウマグロに拍子抜けしてしまった感はありましたが、帰船時、ベテランの方と話していると、20kgのタネトンやキハダは今回のサイズの比では無いとの事。

『次はキハダか。。。』

と夢を膨らませながら大阪に戻りました。

一日中シャクっていたので、もちろん身体全体がバキバキです(笑)

 

 

 

 

リールメンテで自爆した日(クロシオ53HGX)

こんにちはシークラです。

僕はオフショアのキャスティングリールに

クロシオ53HGXを使用しています。

このリールのインプレはまたの機会にするとしても、非常にコスパの良いリールで強健なのは間違いありません。何よりも分解メンテナンスが楽なことが非常に良いと思います。

KUROSHIO HGX | tailwalk

 

ダイワのリール(16ブラストと17エクセラー)しかバラした事はありませんが、知恵の輪的なギアの抜き方やこんなところにボルトが?みたいな事はなく、細部までボルトOFFですんなり分解出来るのは初心者には優しい仕様です。

f:id:SeaCrown:20220221222032j:image

 

3月の時期より丹後の海に出る時は、『ナブラ想定』でキャスティングの用意も必要となってきます。キャスティング用は番手の大きいリールであんまり出番はありませんが今年の活躍も祈願してオイルメンテをすることにしました。

前述の通り、見えているトルクスねじを外せば簡単に分解しメンテナンス可能です。

今回は海水の浸水も無さそうだったので注油とグリスアップをして再び元に戻しました。

 

巻き心地はどうだ?

と早巻きしてみます、、、

「ガキっ!」

固まりました∑(゚Д゚)

ヤバい何か壊した!と開けてみると

f:id:SeaCrown:20220221220514j:image

ドライブギアのブレ止めのワッシャーがギアに噛み込んでひしゃげていました。。。

「やってまった。。。」

分解が簡単だとか思ってるからこうなるんですね。。。

薄さ0.5mmくらいのワッシャーなので行けるか?と思って試しにワッシャー無しで組み上げてみると。

ゴロゴロ〜♪

当然、リールの世界はmm以下ですね。。。

 

ホームセンターに行っても代わりのシムワッシャーのサイズは無いので、大人しくテイルウォークに注文出来るか聞いて見ることに。。。

 

サポートからは直ぐに返事が返ってきて

『No.0920170(ワッシャー)
このワッシャーは、ドライブギヤとピニオンギヤの嚙み合わせ調整用のシムになります。
厚さが0.1mm・0.2mm・0.3mmの三種類があり、ハンドル回転の重さなどにあわせて
工場並びにカスタマーサービスでは、厚さや枚数を調整しております。
購入時は、厚さの指定をお願い致します。
厚さの指定が無い注文の場合は、0.2mmを出荷しています。』

 

幸運なことにテイルウォークの取り扱いの出来る釣具屋も行きつけであるのですが、わざわざ少額で相談するのもなーと思ったのと、明らかに入っていたシムワッシャーが0.5-0.6mm厚はあるので単発の注文だと調整が難しそうだなぁと思い、同寸法のワッシャーをネットで探しました。

そしてたどり着いたのが

ラジコン用のシムワッシャー(内径10mm外径13mm)

0.1、0.2、0.3mmと色々な厚みが沢山入っていて後々にも使えそうです!

 


 

 

今回の修理は0.3mm×2枚でバッチリ対応する事が出来ました。

 

今回はリールのメンテをしてリールを壊しそうになってしまいました。

本末転倒にならないよう、分解する際は気をつけていきたいですね。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テイルウォーク(tail walk) KUROSHIO(クロシオ) 53HGX 19073
価格:21504円(税込、送料無料) (2022/2/23時点)

楽天で購入

 

【釣行記】日本海ジギング〜昨日はよかったのに〜これな!

こんにちはシークラです。

1月下旬日曜日に

「エソが食べたい!ツミレにするんだ!」という謎の発言をする友人に誘われて、丹後日本海ジギングへ行って参りました。

冬の丹後半島

シケの合間に出れる数少ないタイミングでしたので期待に胸躍らせて釣りに行ってきました!

前日の土曜日は調子が良かったようですが、

結果から言うと、かなり苦戦しました。その分得るものもあったかなと思ったので日記にしておきます。

 

 

 

【あら、白石じゃないのね】

ブリにメジロ、お土産にサワラが1-3月の日本海ジギングパターン。

「白石グリでブリ狙いや!」と思いながら船中爆睡していると、どうも流れている景色が?と思ったら反対方向の小浜原発沖に来ていました。どうやら昨日はここでハマチが良く釣れたようで、他の船も情報で集まったのか大船団になっていました。

個人的には白石の水深100Mのジギングを楽しみにしていた所もあったので(M体質)水深40-60Mに少し残念がった私がいました。。。

 

【前日情報虚しく船中ノーヒット】

底付近に良いベイト反応が映るものの、プレッシャーが高かったのか、フィッシュイーターがいなかったのか、13時頃までポイントを転々としました。しかし、誰も青物がヒットする事はなく、船全体の釣果が私のジグにヒットしたカレイくらいでした。。。

 

【電話がなる!戻ります!】

船中の焦りがMAXになった頃、船長の電話がなり、元いたポイントでハマチが釣れ出したとの事!

全速力で戻ると、同様の知らせを聞いたのか続々と船が集まって来ていました。船長同士のネットワークって大事だなぁと改めて思いました。

 

【状況はとってもセレクティブ】

海の状況は釣れ出したと言っても、なんでも釣れる状況では無く、かなりセレクティブな状況でした。

丹後特有の追わせて食わすの基本に近い形なのですが、早巻き→ジャーク→ワンピッチでは全く食わず。

船中15名ほどおり、他の方の数倍ほどかけられた方が2名おられました。私は全く当たらない側で、お二人の釣り方やジグを教えて貰い、流し中も凝視観察していました。

使うジグタイプも違えばカラーも違う。

動かし方は似ていたので完コピを目指しますが全然ヒットせず。。。友人もノーヒット。

なんて日だ!

 

【ノーヒットのまま終盤へ】

私、友人ともノーヒットでしたが、ついに私にハマチヒット!

ここで1つ気づきがあり、数分後にもう1匹GETもタイムアップで帰港がてらサワラポイントへ。

タックルとジグのバランスにもよるのでしょうがおそらく私はジグを飛ばし過ぎていたようです。

早巻き→高速スイミング(飛ばし過ぎない)→ジャーク

がどうも正解のようでした。

 

【ロスタイムのサワラは?】

帰港途中に舞鶴湾口のサワラポイントへ立ち寄りました。すでにロスタイムなので釣行時間は約30分強でした。

ここで対サワラ用ブレードを投入します。

f:id:SeaCrown:20220129073436j:image

ブレード効果が絶大だったのか、サゴシサイズを2本連続GET+1サワラカッター

友人も1匹GETしてボウズを免れました。

不思議なことにロスタイムでサワラをGET出来たのはハマチであまり釣れていなかったメンバーのみでした。釣りって難しい。。。

ラスト1流しで、私の隣の方がそこそこの大きさのエソを釣られたところで友人が、

「そのエソ貰っても良いですか?」と叫ぶ。

流石に隣の方もビックリしてたよ!

 

【まとめ】

爆釣を期待した釣行でしたが、ジギングの難しさを実感した釣行になりました。まだまだ頑張らないといけないですね。

f:id:SeaCrown:20220129094143j:image

 


 

明石ジギング イカナゴパターンを攻略した

こんにちはシークラです。

先日、12月後半にいつもの乗り合い船で明石ジギングへ行ってきました。

「今回もタチウオパターンやろ!」

とたかをくくり、シルバーロングジグ握りしめて挑んだら

船長「タチパターン終わりましたわ〜。西に行きます〜。」

これは想定外!手持ちのジグでなんとかなるやろか。。。

 

【ヒントは赤金ショート×フォール】

淡路島の西あたりのイカナゴ×ハマチパターンのエリアでした。

手持ちの数少ない金系ショートジグで対応します。

魚探には底から5Mちょい高反応が映りますが、潮が動かないのかしばらくは釣れない時間が続きました。

そんな中、ようやく船内ファーストヒットでハマチ!

ヒットルアーは赤金ショートジグでした!

船内みんな赤金ショートへ付け替え、そこからポツポツとコンスタントにハマチが上がっていきます。

しばらくすると

「こいつら底のフォールでしか食わん」

と船内みんなで確信し、フォール中心の釣りに変更してさらに釣果を重ねていきました。


 

 

【ブレード仕様 底のネチネチフォール】

パターンが単一過ぎて、多少釣り飽きてしまった私。

日本海サワラ用に製作したブレードフックをリアに付け、底をネチネチとやってみることにしました。

f:id:SeaCrown:20211230173630j:image

 

フォールでのアピールが高まったのか、更にヒット数が上昇しました!

ブレード効果か、サワラもゲット!

f:id:SeaCrown:20211230075550j:image

 

【まとめ】

タチパターンの予想を外して、なんとかイカナゴパターンに対応しました。

他の船があまり釣れていなかった中の攻略だってので、船内で早々にパターンを確立出来たのが釣果を伸ばせたポイントだったと思います。

釣り納めとしては飽きない楽しい釣りが出来ました。

船長が兄弟船が沈黙してるとのことで、お土産確保にある程度キープして〜と、我々ポンポンとイケスに魚を入れていたので、帰港後は鬼神のごとくシメることになってました。

お疲れ様でした!

f:id:SeaCrown:20211230075958j:image

エラレッドチューンでメジロボコボコの巻

こんにちは、シークラです。

先日、11月の明石海峡にタチウオパターンジギングに行って参りました!

結果は爆釣だったわけなのですが、そこで投入したジグチューンについて紹介します。

 

 

【今年のMYトレンド】

私の2021年のトレンドは『エラのカラー』

ちなみに2020年度は『タチウオ新子アシストフック』でした。

 

 

 

【エラレッドチューン】

エラグローも良いのですが、他のも試してみたいと思い、今回の釣行で作って持っていったのがこれ

f:id:SeaCrown:20211107100908j:image

『エラレッド』

いや、そのままなんですけど。

案外、そんなカラーリング少ないですよね?

メジャクラあたりがこれ見て作ってくれたらいいのにな。。。


 

 

 

 

【ジグとアシストフックの関係】

タチウオパターンのジギングやロングジグを使用する時、アシストフックの長さに悩まれる方も多いと思います。

僕のアシストフックの長さの基準は

ズバリ、

『目の下くらいにフック』です。

目がロングジグの上の方に付いていれば短くてもよく、真ん中寄りに付いていれば長くするのが一つの基準です。

 

その理由は、

目の下にエラ(首)があるからです。

ココが1番魚の折れやすい所というのは、人間も魚も良く知っています。

サバ折りしたりするのもそうですし、青物の胃袋から出てくるタチウオが折り畳まれているのも首付近から吸い込んでいるからだと思っています。

 

なにはともあれ、

「こんな長いジグ、ちゃんとフロントフック喰ってくれるか不案だな」

と思うので、

「ジグの首ココですよ」

と魚に教えてあげたいのです。

(釣り人の精神衛生面もありますが)

 

 

【明石ジギングの釣果】

f:id:SeaCrown:20211107103322j:image

メジャークラフトのメタルドラゴンにエラレッドチューンを施し明石タチウオパターンに挑みました。

釣果はメジロサイズが10本ほど上がったので文句は無いのですが、海域が良く釣れているのでエラレッドの効果かは不明です(笑)

 

【作り方?】

ちなみに、作り方は簡単です。

f:id:SeaCrown:20211107104001j:image

ダイソーで赤いシールを買ってエラっぽく切り、貼り付ける

f:id:SeaCrown:20211107104039j:image

そして、エポキシでコーティングする。

以上

 

 

 

 

では皆さん、楽しい釣りを(╹◡╹)